4歳でも、この歌を聞いたら、かけ算九九暗唱できた

知育グッズ・絵本

息子の通う公文の教室では、お兄さんお姉さんたちが掛け算の暗唱をしています。

それを横で聞いていたのか、「掛け算てなに?掛け算やりたい!」と子どもが言い出したので、掛け算の歌を聞かせてみました。

聞かせ始めてからの効果をご紹介します。

聞かせた歌はコレ

私と息子は、楽天ブックスでたくさん視聴してこれに決めました。

この歌を選んだ理由

この歌を選んだ理由は、私が子供のころ聞いていたからです。

九九の歌はほかにも色々あったのですが、正直、すごく気に入る歌はありませんでした。

だったら、親が覚えやすいことが最重要だと思ったので、私が知っている歌にしました。

一緒に歌ってあげると、早く覚えてくれますからね。

九九の歌を暗唱するまでにかかった期間

CDを購入したのが12月13日、そこから一か月でほとんど1の段から9の段まで覚えました。

ただ、いくつか間違って覚えているところがあったり、7の段が苦手だったり・・完璧というわけにはいきません。

お風呂に九九表を貼ると効率アップ

息子には、車のなかでCDを聞かせているのですが、お風呂に入るとリラックスして歌い始めます。

インプットは車、アウトプットはお風呂。

その時に、歌詞カードの様に九九表を見ると、覚え間違いが少なくなりました。

わが家は、この九九表を貼るのが遅かったので、6×2が14と覚えてしまい、治すのに一苦労しています。

一度間違って覚えると、治すのが大変なので、最初からCDと九九表をセットで使用することをオススメします!!

このCDの「たなぼた」効果

このCDには、九九の歌のほかにも色々な歌が入っています。

4歳の息子にとって、19×19までの歌は、ちょっとスピードが速いので覚えるのは難しそうですが・・

  • 干支の歌
  • 都道府県県庁所在地の歌

がすごく気に入っています。

CDの購入時期が年末だったこともあり、干支に興味をもつタイミングだったので、学びが深くなりました。

都道府県の歌は、公文の日本地図パズルと相性が良かったです。

公文のお教室においてあったのを、息子が気に入ったので購入してつかっていました。

このパズルだけでも都道府県の場所を覚えていましたが、歌を聴かせることで今まで注目したことのない都道府県にも興味を持ったようでした。

歌を聞いたら、宍道湖と島根が気に入りました!

まとめ

今回紹介した歌は、こちらです!

わが家では、車の中で聞いています。おしゃれなメロディではありませんが、童謡のような感じで、子どもにとっては覚えやすいのかもしれません。

聞かせ始めて1か月で、だいたい覚えてくれます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました