赤ちゃんの読み聞かせ。苦手でも、この1冊ならできる 【読み方のコツも解説】 

知育グッズ・絵本

読み聞かせが赤ちゃんに良い影響があることは有名。でも、0歳の赤ちゃんに読み聞かせするのって、辛い・苦しいときないですか?

今回は、読み聞かせが苦手なママでもチャレンジしやすい1冊を紹介します。

読み聞かせが苦手な人にオススメの1冊はこれ!

読み聞かせが苦手でも、この1冊なら何とかなります。

三浦太郎さんの「くっついたという本です!

おすすめの理由
  • 文が短い
  • 感情を入れなくても、ゆっくり読むだけでそれっぽっく読める
  • 読んだ後、「○○ちゃんとママもくっついたー」と抱っこすると、子どもはが喜ぶ。喜ぶ姿をみると、ちょっと楽しい。
  • なんなら、1歳のころには、くっついてほしくて、この絵本を持ってくる。かわいい。

読み方のコツ

この「くっついた」の絵本では、次々に色々な動物2頭出てきて、仲良く「くっついた」します。

とてもリズミカルな語感で、「くっついた」が繰り返し書かれています。

子どもは、同じ言葉が繰り返すのが心地よいと言われているので、「くっついた」を毎回同じ言い方で、リズムよく読んであげると、喜ぶと思います。

「ワンワン」とか「ニャーニャー」とか、赤ちゃんの言葉って、繰り返すものが多いでしょ?繰り返すと、赤ちゃんは嬉しいんですよ!

それと、「くっついた」のたびにお子さんをギュっと抱きしめたり、ほっぺとほっぺをくっつけたりすると、五感を刺激できますね!

読み聞かせが辛い理由・・・

読み聞かせ苦手あるある
  • 反応が返ってこない、喜んでいるのかわからない
  • 一人でしゃべり続けるのが、むなしい
  • 一回目はともかく、何回も同じ本読むのが、つまらない
  • 感情をこめて読み聞かせするのが、苦手、恥ずかしい

0歳児に読み聞かして、意味あるの?という気持ちになりますよね。

赤ちゃんのためにやったほうがいいのはわかるけど・・・

毎日とかはできない・・・

今は、赤ちゃんのリアクションがないかもしれません。言葉もわからないですし。

でも3歳4歳になっても、子供は赤ちゃんの時に繰り返し読んだ本が大好きです。家で読んでいた本を保育園や図書館で見つけると、本当にうれしそうにします。

ちゃんと、赤ちゃんの時のことを覚えているし、「お家と同じ」に安心するのですね。

読み聞かせは、上手じゃなくて良い

読み聞かせというと、アナウンサーの素晴らしい朗読を想像する方も多いのですが、私たちに、そんなことはできなくて良いのです。

たいていの図書館や支援センターは、読み聞かせイベントをしています。そこに参加して、ぜひ読み聞かせのやり方を見てほしいです。きっと、「こんなもんでいいのかー」と気が楽になると思います(失礼)

ベテラン保育士さんて、読み聞かせうますぎるけどね・・・上手じゃない人の見本も見てほしいです!

抱っこして親の声を聴かせることが大事

読み聞かせは、知育のためにも、心の育ちのためにも効果があります。

読み聞かせの何にそんな力があるかというと、本の内容ではありません。0歳の赤ちゃんにとっては、身近な人が、自分に向かって声をかけてくれている、ということが大切なのです。

どうしても読み聞かせが苦手なら、赤ちゃんに話しかけてあげたり、歌ってあげればよいのです。

絵本読む係をパパにしてもいいよね。

まとめ

ご紹介したのは、三浦太郎さんの「くっついた」という絵本でした。

読み方のコツ
  • 「くっついた」はリズミカルに、繰り返しを楽しむ
  • 「くっついた」のたびに、スキンシップする

読み聞かせが苦手でも、ご紹介した読み方をすれば、きっとお子さんは喜んでくれますよ!

それでも、どうしても読み聞かせができなければ、たくさん歌いかけたり、話しかけたりして、ママやパパの優しい・楽しい声をたくさん聴かせてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました