スポンサーリンク

【0歳~3歳】お年玉はいくらだった?使い道は?

育児・お役立ち情報

お正月にいただくお年玉。ほかの家では、どれくらい貰うのか気になりませんか?

でも、お金のことだし、ママ友には聞きずらいですよね。

今回は、昨年までのわが家のお年玉事情を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

0~3歳までにもらったお年玉

現金2000円~1万円

子供に現金を上げること自体、いかがなものかという話もありますが、キャッシュレス生活をしている我が家は、お年玉くらいしか、息子が現金に触れる機会はありません。

金融教育の面でも、もらってありがたいです。

正月に集まった親族の人数が毎年変わったり、同じ人でも金額が変わったりしますが、ある年はこんな感じです。

  • 曾祖母・・・1万円
  • 父方祖母・・・3000円
  • 母方祖母・・・5000円
  • 叔母・・・2000円
  • 大叔母・・・5000円
  • いとこ家・・・3000円

曾祖母は毎年、「お年玉をあげられるのも、今年が最後かもしれない・・・」と涙しながらくれます。

金額が多すぎるのは伝えてあるのですが、毎年「冥途の土産」というので、そのまま受け取っています。

お年玉の代わりにおもちゃ

0歳~2歳のころ、父方祖母やいとこ家は、お金の代わりにおもちゃをくれたりしました。

多分1000円前後の、音が出る絵本などです。

本人は、もちろんお金の価値はわからないので、おもちゃをもらってよかったと思います。

図書カード

ピーターラビットの図書カードを「絵本を買ってね」ともらったこともあります。

息子は「うさちゃんのカードもらった」と認識していました。

使い道

スポンサーリンク

3歳になると、息子本人が「何かもらった」ことがわかるようになりました。

お年玉をくれる人も、「これで何か買ってね」などというので、全額親が回収は辞めておこかな、という気持ちになりました。

本人の希望のものを1つ買う

本人の希望のもの、と言っても、クリスマスにプレゼントをもらっています。

なので、おもちゃ屋さんではなく、本屋に息子を連れていき、本屋の商品から選ばせます。

親としては、絵本を選んでほしいのですが、LaQなどの本屋さんのおもちゃを欲しそうにします。

昨年は、何とか息子と話し合い、迷路の本になりました。

0歳の初めてもらったお年玉は、保管

亡くなった祖父からもらったお年玉があることもあって、0歳のお正月にもらったお年玉は、袋ごとすべて取ってあります。

小学生になったとき、「僕のお年玉は?ちゃんと預かってる?」と言われたときにも、見せてあげようと思います。

残りは、ジュニアNISAの一部になっている

スポンサーリンク

メモリアル枠で保管するお年玉以外は、すべて親の懐へ!

ジュニアNISAの一部として、証券口座に入金しています。もちろん、お年玉だけではNISA枠がもったいないので、ほかのお金と混ぜて金融商品を買っています。

お年玉を懐に入れた代わりに、ジュニアNISAで買った株の株主優待(クオカード)は息子の取り分としています。

そのクオカードは、二人でコンビニに行って、好きなお菓子を買わせています。

まとめ

息子にもらったお年玉

  • 0歳・・・現金1万4000円とおもちゃ2つ(各1000円程度)
  • 1歳・・・現金1万6000円とおもちゃ1つ(4000円程度)
  • 2歳・・・現金2万8000円
  • 3歳・・・現金1万4000円と図書カード(1000円分)

息子2歳になった年に、いとこが中学生に上がりました。

・いとこ側は兄弟3人で、中学生、小学生×2。

・我が家は2歳児一人。

当然、わが家からいとこ家にあげるお年玉が多くなります。

そこで、平等性を重んじる義母の助言か、2歳児には多すぎる金額をいただくことになり、金額が増えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました