幼児が夕ご飯の準備中にぐずるときの対処法

育児・お役立ち情報

1歳を過ぎて、一日三回ご飯を食べるようになると、ごはんの支度が大変になりますよね。

大人と同じにはできないので、薄味の料理を別に用意したり・・・支度に時間がかかります。

その間、腹ペコの子供がギャン泣きなんでことも。そんな時間を乗り切る方法を書いていきます。

とりあえず、何か食べさせる

幼児に「ごはんができるまで我慢」は、無理です。

生物にとって、飢餓は命の危機。何か食べさせるのが一番早く泣き止みます。でも、ごはんの前にお菓子を食べさせるのは、良くありませんよね。オススメはこんなものです!

干し芋

噛み応えがあるので、時間を稼げます!最近は、歯固め用に小さい子にも食べられる商品が売られています。

炭水化物だし、野菜なお芋

おやつには最適ですが、ちょっと甘味が強すぎるので、ごはんの食べが悪くなるかも・・・。

食パン

スティックパンなどは、かなり甘く作ってあるので、ごはんを食べられなくなってしまいます。

普通の食パンをあげで、後のごはんで炭水化物を気持ち減らしてあげると良いと思います。

袋から出して、すぐにあげられるのが良いですよね。

野菜スティック

ゆでたニンジンなどをスティック状にして、2本ずつくらいラップでくるみ、冷凍しておきます。

ごはんの準備を始めたら、すぐにチン

冷ましながら準備して、泣きが大きくなってきたら上げます。

「ちょっとおなかすいた」くらいの時だと、野菜拒否の子も、「おなかがすいて、なんでも良いから食べたい!」状態まで行くと、野菜をもりもり食べたり。

注意!

どれも、のどに詰まらないように、必ず見えるところで食べさせてくださいね。

子供の誤飲、窒息、ホントに怖いです。

テレビを見せちゃう

夕飯の支度のときだけ、特別テレビタイム!

わが家では、その時間だけ、Huluで親が選んだものを見せていました。

本当は、テレビを見るときは親子で見るほうが良いそうです。

「ぞうさんでたねー」「わんわん、困ってるねー」など、内容についての声掛けをすると、テレビからたくさん学べます!

でも、ギャン泣きなら、仕方ないですよね。

望ましいテレビの利用法は、親子の心の余裕があるときにする、ということで・・・

子供の分だけ、朝準備しておく

最終的には、コレです。朝、子供の分のごはんだけ、ワンプレートにセットして冷蔵庫へ。

ぐずりだしたら、チンしてすぐ出す!

しかし、この方法にはデメリットもあります。

この方法のデメリット
  • 親子で一緒に「いただきます」できない
  • 朝に時間がとられる!
  • 作りたてより、味が落ちる

育休復帰直後は、慣れない保育園生活で、家での甘えが強くなります。一度ぐずり始めると、激しくなるまで急展開だったり。

私は、朝大変でしたが、育休復帰直後はこの方法にしてました。

夕飯の支度の時間、子供とべったり過ごして甘えさせた方が、保育園で頑張れるかな、と思います。

まとめ

夕食の支度中、かんしゃくしたりグズる場合の対処法
  • お菓子以外のものを食べさせる
  • テレビに頼る
  • 子供の分だけ、すぐ出せるように事前に作っておく

息子は「おなかすいたー」と言葉でいうようになったら、かんしゃくやグズグズは収まりました。

何年もぐずり続けません!とにかく今を乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました