クレヨンしんちゃん、見せて大丈夫?いつから解禁?

育児・お役立ち情報

原作30周年を迎えた「クレヨンしんちゃん」

ものごころついたとき、すでにクレヨンしんちゃんが放送されていた、という方も多いのではないでしょうか。

私もその一人ですが、子供のころは見せてもらえませんでした。親になった今、クレヨンしんちゃんは子供に見せて大丈夫なものか。気になって調べてみました!

妹弟が幼児のころは視聴禁止だった

1992年、クレヨンしんちゃんのアニメがスタート。その後、長くテレビで放送されています。

幼稚園児だった私には、放送開始ごろの記憶はありませんが、自分の妹弟が幼児の時の母のやり取りが記憶にあります。

クレヨンしんちゃん、見たーい!

下品だから、ダメ!

外で真似したら、困る!

どうやら我が家では、クレヨンしんちゃんは下品だから見せてもらえなかったようです。

アニメのクレヨンしんちゃんは、下品なのか

わが子が幼稚園に行っている間に、可能な限り、クレヨンしんちゃんを見てみました。

放送開始直後の様子

  • 母ミサエが、しんのすけの頬をつねる、げんこつする、グリグリする
  • 母ミサエ、しんのすけのおしりを赤くなるまで叩く
  • しんのすけ、パンツを脱いで「ぞうさん」「ケツだけ星人」

最近の様子

  • 母ミサエ、怒るときは怒鳴るが、手は出さない描写が多い
  • 「ぞうさん」「ケツだけ星人」の登場回数が激減

映画のクレヨンしんちゃん

昔の作品は「おかま」が多用される

「玉がない」にかけた作品が多く、自称「おかま」さんがたくさん登場します。笑いを取るポジションで登場していて、見た人の中には傷つく方もいるのかな、と思いました。

子供がどういうジェンダーの道を歩むはわかりませんが、近い将来来るはずのジェンダーフリー・ジェンダーレス社会で生きる土台として、偏ったイメージを付けてしまう作品は極力避けたいな、と思いました。

子供は、なんでもすぐ吸収しますからね

最近の作品は、クリーン

huluで最近の「クレヨンしんちゃん」作品を、実際に見てみました

なんと、2019年「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」を視聴してみたところ、一度もしんのすけがパンツを脱いで「ぞうさん」「ケツだけ星人」をしませんでした!

家族愛がテーマにされていて、幅広い年代に受け入れられそうな内容になっていると思いました。

お姉さんにデレデレするのは健在でした!

どうして子供は下品なことをするのか

仕事でいろいろな年代の子供に会いますが、どの年代も、子供本人は、楽しんでやっていますよね。未就学児くらいだと、

  • テレビの真似が楽しい
  • 周りの人のリアクションが楽しい
  • 「いけない」ことをやったときの親の反応が楽しい

といったところでしょうか。

おそらく、純粋にテレビの真似を始めた時点では「ママやパパを困らせてやろう」と思っているわけではありません。なので、「パパやママの困ったリアクションが楽しい」と思われないように、冷静な対応を最初からとることが大切です。

困っているのは大人

下品なことをされて、どうして嫌なのでしょう。「嫌なものは嫌!」ですが、ちょっと考えてみます。

  • 品のない子供に育ってほしくない
  • 親のしつけが悪いと思われる
  • (見ている私が)恥ずかしい
  • (見ている私が)下品なことが嫌い

公共の場で騒がしくすることについては、別問題として・・・

私の場合は、こんな理由が上がりました。恥ずかしながら、子供の問題ではなく、私の気持ちの問題だということがわかります。

  • その下品な真似が一時的なブームで
  • 公共の場ではないところで
  • 私が耐えられる程度や距離、環境で

この条件なら、子供に下品なことをさせてあげられるということです。

家のリビングで、私がごはんの支度をしている最中に「みてみて~」と言って遠くで下品な真似をする程度なら、許容できそうです。

下品なことはさせるべき?

先輩ママさんたちの話をきくと、大人になるまでの間に「下品なこと」をするのは一般的なようです。

社会的に間違いが許されない年になる前に、許させる下品程度を体得してほしいので、下品な真似の禁止より、下品との付き合いかたの学習が必要だと思います。

やってみたいならやらせて、やりすぎたら止める。何度も同じ注意をするのは、心も体も疲れますが、学習のために必要ならば、頑張れます!

まとめ

クレヨンしんちゃんのアニメは、いつから解禁するか、今のところはこう考えています。

  • 本人から「見たい」と言ってきたとき
  • お友達の影響など、成長に伴って視聴の希望があれば、禁止はしない

ただし、「おかま」など、意味も分からず多用してほしくない言葉があることも事実です。

  • 最近の映画作品を見せる
  • 真似はお家の中だけ、と約束する

ということにすれば、見せても大丈夫だと考えています。

幼稚園でみんながやっているなら、一緒に真似して楽しんでも良いかな、と思うのですが、息子が下品な物まね流行の発信源になるのはちょっと困るので、とりあえず、真似はお家の中だけにしたいと思います。

わが子がクレヨンしんちゃんと出会ったら、その後の行動を観察、レポートします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました